アジサイを来年もよく咲かせるために☆

<アジサイを来年もよく咲かせるために>
今日はアジサイの花後の切り戻しを行いました。
アジサイの花に見えている部分は実は「萼」でこれ装飾花です。この装飾花はとっても長持ちで、今年も梅雨空の街を爽やかに彩ってくれました。しかし、来年もキレイに咲かせるためには、花後の切り戻しが重要です。
気温が下がってくる9月頃に来年咲く花芽が作られ始めますので、それまでに花芽がつく枝(新梢)を充実させます。つまり逆算すると、7月中には切り戻しを行うとよいですね。
まだ花は咲いていて可哀そうなようですが、剪定後のお花は切り花として楽しんでいただけるように、住民の方々皆様に持って帰っていただきました☆しばらく野外で楽しんだのち、ご自宅でも楽しんでいただけて、一石二鳥です。

スタッフ片岡

関連記事

  1. 【樹木医みずほのピカス樹木腐朽診断】

  2. 鎌倉の森づくりエピソード 2015年7月

  3. 樹木と緑化の総合技術講座

  4. CSS確認ページ

PAGE TOP