豊島区Y邸のサクラとコブシ

<豊島区Y邸のサクラとコブシ>
静かな住宅街の一画に、門扉添えの枝ぶりの美しいサクラが今回の対象木です。
6年前に周囲に敷石を整備したことにより、樹木の通気透水性が低下。よって、樹勢が衰え枯れてきてしまいました。
外構業者さんからは「通気透水性のある敷石ですよ」と説明があったそうですが、それでも樹木の根にとってはよいわけありません。
当社も通常の外構工事はしますので、お客様と丁寧に相談を重ねながら、敷石を剥がさなければならない範囲を決め、工事が最小限で済むように工夫をします。
夏は、樹木にとっても負担が大きいので支障のない作業のみを行います。
お話を伺っていると、樹木の歴史は家族の歴史ということが、ここでも改めてよくわかりました。
そのようなストーリーを大事に、家族にとっても近隣の方々にとっても大事な樹が、少しでも元気になるお手伝いを頑張りたいと思います。

片岡

 

 

関連記事

  1. 昭島市の商業施設にて樹木診断をしました

  2. 諸鈍デイゴ並木樹勢回復事業進捗報告 No.1

  3. 植木協会主催の新しい造園樹木の研修会に参加してきました(スタ…

  4. 東京都足立区・栗原氷川神社のクロマツをピカス診断しました(2…

  5. I邸 シダレザクラが元気になってきました!治療の続きとお庭の…

  6. アジサイ(墨田の花火)などの新規植栽とお庭のお手入れ業務(2…

PAGE TOP